返済に負けない任意売却の魅力|チェック・THE・チョイス

不動産

任意売却を進めよう

不動産

住宅ローンの返済が困難となった時に利用するのが任意売却です。これは返済が滞った結果、住宅が差し押さえられた末に競売にかけられるのを防ぐものとなります。売却先を自分で探すことにより、競売よりも有利な価格で売却することができるものです。そして近年では、一般の仲介業者が任意売却を手がけるようになっています。差し押さえまでの定められた期間内に買い手を探すことになるわけですが、それほど売却価格を下げることなく処分することができるために人気を集めています。これは多くの物件を手がけることによるノウハウの積み重ねによって、通常の売却と同じように扱うことができることが背景にあります。その結果、ローン残額も返済可能とあって、債権者からも支持されるものとなっているわけです。

不動産市場はバブルの崩壊から下落の一歩を辿るようになり、そのために資産形成目的で住宅を購入していた人達が多くローン返済に窮することになった歴史があります。その際に差し押さえられた物件も多く、融資を行った金融機関も大きな損失を出すことになったわけです。そのような中で誕生したのが任意売却です。これは専門の機関が事情を理解した買い手と交渉を行い、競売よりも高い金額で売却することをまとめる流れとなったものです。競売にも居住者が立ち退かないなどのトラブルが多発したために、買い手も安心して購入できるメリットを持つことが特徴となったものです。けれども今では特に事情を明かすことなく、通常の売却と同じように任意売却を行うようになっています。