返済に負けない任意売却の魅力|チェック・THE・チョイス

不動産

任意売却の特徴

任意売却の特徴とは

不動産

任意売却とは、住宅ローンの支払いが困難になった人がとる方法の1つです。住宅ローンを完済していない状態では、不動産には金融機関が設定した抵当権がついています。通常、この抵当権がついている状態では、買い手がいないために不動産を売却することはできません。しかし、住宅ローンの支払いが困難になった時に限り、金融機関の同意のもと、不動産についた抵当権を解除し、不動産を売却する手続きのことを任意売却といいます。 住宅ローンが払えなくなって、放置していると、自動的に競売の手続きが開始されます。しかし、この競売では、不動産がかなり安く売られてしまう可能性が高いので、債務者にとっても、債権者にとってもデメリットが大きくなります。そのため、任意売却をしたほうが債権者である金融機関にとってもメリットが大きいために、ほとんどの場合、金融機関は任意売却に同意をしてくれます。

そのメリットとは

任意売却のメリットは、前述したように、競売になると不動産がかなり安く売却されてしまう可能性が高いのに対して、任意売却ならほぼ市場価格で売ることができるという点にあります。不動産の価値は、年月の経過とともに低下していき、住宅ローン残高よりも不動産の売却価格のほうが下回ることもよくあります。不動産の売却価格が住宅ローン残高を下回ると、債務者にとっては、マイホームを失うと同時に借金をかかえることになり、債権者にとっては、債務を回収できないというリスクがあります。競売になると、そのリスクがさらに高まりますので、任意売却という方法をとるのが一般的になっています。 任意売却には、そのほかにも、近所に知られることなく売却できることや、交渉次第で引越し費用などが手元に残せるなどのメリットもあります。